出会った本、映画の感想。日々のこと。

by august22

offencive defense ?

大好きな都忘れの花 
d0109373_1452515.jpg
15日は、母の祥月命日なので妹とお寺さんへ。 
お花や木々がたくさん植えられていて、年中お花の絶えることのないお寺さんなんですが
ちょうどご住職と奥様が、3m位ある木の枝を払ってらした。
切り落とされた枝には5~6センチはある長く鋭い「」がいっぱい。奥様に伺うとからたちだと教えてくださった。
もっと低い木で棘は薔薇ぐらいなものだと思っていました。
「でも、花も咲かないし実も数年前に1個生ったきりなの」。 

以前、名古屋へ『ロミジュリ』を観劇に行った際に名古屋城見学をしたのですが。草に覆われたお堀沿いの大通りに、長く鋭い棘だらけの完全に武器化した生垣が続いていて、なぜか緊張しつつ歩いた(笑)のを思い出しました。  
あれはからたちだったのね。

# by august22moon | 2007-04-16 01:34 | 季節 | Comments(2)
d0109373_3411756.jpgさて、原作と偶然出会った 『タルチュフ』
’04 7月北千住シアター1010 にて観劇の
                       またも思い出話。

サブタイトル 「エセ宗教家タルチュフと沈む夕日
              -真実は芝居小屋の中にある- 」  
  2日間計4公演しか上演されないのが勿体ないような、
  愉快なお芝居でした。再演を望む舞台のひとつです。
  大森博史さんの初演出作品。
  ご自身がワークショップをされている生徒さんたちも出演。


More
# by august22moon | 2007-04-15 10:15 | 観劇 | Comments(0)
たいへんな古書店さんを見つけました。
狭い店内に本が溢れているという表現ではとても伝えきれない。               
とにかく・・・とにかく溢れてる。買取し過ぎなんですね。
店主のおじいさまはカオスの間からかろうじて顔を覗かせている。
全壁面と店中央の書棚の前に2段の棚が置いてあって、その上にも三重に本を積み重ねてしまっているので、書棚下3段位は塞がれている。無理やり覗きこんでみたら本は確かに・・・在る。  探してる本がそこにあったらどうしますの?地震があったら
書棚の上にも天井につくほど全集もの。 恐ろしいのは、棚の上の書籍と向かいの棚の上の書籍とに板を渡して、その上にも全集ものが積んであるんです!本と本の上に板ですよ!もし板の土台になっている本が欲しい時は?と考えるとスリリングです。
もちろんお客さん同士すれ違えないし、気をつけて移動しないと本にぶつかっちゃう
荷物の多いお客さんは入れない。 くしゃみも出る(笑)
結局欲しいものは見つからなかったけど、意外な発見が!いや尋ねたんですけど、全ての在庫を把握しきれなくなってるのかお疲れなのか「あの辺見て無かったら無いよ」・・・
は~い(笑) 
さて、発見したのは モリエール『タルチュフ』 この作品は’04 7月に大森博史さん脚色・演出で観劇していました。予習として原作も読まぬままだったなぁと手に取ると・・・
なんと第一幕・一場がボールペンで斜線を引いて、ホチキスでとめてある。
登場人物のベルネル夫人・ヴァレール・警吏もペンで線を引いて消してある。
第二景を開幕・第一場と書き込み、第一場としてある。
他にもあちこちセリフを囲ったり、線で消した横にアレンジしたセリフを書き込んである。
第二幕二場・四景、第五幕・三景もホチキス止め。第五幕・五景は、「プリントへ」と書き込んである・・・。 むむ。これはもしかして! いやd0109373_22291029.jpg
もう3年近く経ていますし、細かい部分は忘れてしまったので変更部分が同じか判らないのですが、いやそれでももしかしてもしかしたら、大森さんが脚色用にお持ちになってた本で、蔵書を処分されたものが流れ流れて!・・・まさかね。
それにしても。なんだかホチキス外しにくい・・・ 

この古書店さんには、学生時代読んだソルジェニーツインの
「ガン病棟・全4巻」(新潮文庫)もあり、懐かしかった。 

     モリエール 『タルチュフ』 岩波文庫 (50円でした)
# by august22moon | 2007-04-15 01:20 | 読書 | Comments(0)
d0109373_1283872.jpg妹が、買ってきちゃいました・・・。

breard papa Sweets さんのコルネは
たしかにサクサクと美味しいですよ。
でもさ、ダイエットだ~最後のスイーツだ~って
先週、ケーキ食べ納めしたじゃない。


d0109373_1322440.jpgそのうえ、

コンボスのファミリーサイズは
いったいどこへ行けば
買えるのだ!?

とか言ってる今宵の妹です。

私もがんばろうと思ってたのに ・・・
# by august22moon | 2007-04-14 01:52 | おいしいもの | Comments(0)
d0109373_1537437.jpgむか~し 家の南西側に庭があっていろいろな植物が植えられていました。
そのなかに八重山吹の木があって、枝を切っている母の姿を庭に面した廊下から見ていた記憶があります。
母の実家なので、植えられたのは母が子どもの頃だと思います
が詳しいことも聞きませんでした。そのうちに建て替えのために庭はなくなり木々も処分されました。

「ニッキの木」と呼んでいた肉桂の木も植えられていました。
シナモンですね。
近所の男の子が「ニッキちょ~だ~い」と来ては、根元を掘って細い根だけを切り取り
ポッキーの空き箱に詰めておやつ代わりに齧ってたようです。
根もシナモンの香りがしたんですね。
今カプチーノに使われているのは綺麗な樹皮ですが、ただの根っこ。
根っこを食べるなんて!と私も妹も興味もなかったのですが
母に薦められいやいやながら少し齧ってみた記憶があります。
他にも、金木犀沈丁花山葡萄アマリリス、もんのすごい渋柿
赤い実をつける南天。白い花を咲かせるドクダミ
ラップの無い時代だったので、おにぎりを包んでいた葉蘭
名前は判らないけど、細長い濃いミドリの葉がチアガールのポンポンみたいに
密集した植物。  葉で手裏剣を作った木。

で、最近気付いたんですが。
庭の中心に立って西側に金木犀と柿の木と八重山吹
そうです!ドクターコパでお馴染み。「西に黄色」だったんですよ!
それだけじゃありません!北に柊。 南天はその隣でしたが。
アマリリスの赤い花は南東。
ちなみに肉桂の木は南西。 山葡萄は庭の中央。
偶然かしらん? でも風水は昔からあるものですから当時の植木屋さんが
そうゆうもんでい!と植えたのかもしれません。

# by august22moon | 2007-04-13 17:33 | 季節 | Comments(2)

なぜ5時

最近、毎朝 野鳥の囀りで目が覚めます。一瞬ですが。d0109373_18225942.jpg
高い音で ぴーぃ。ぴーぃ。と短く繰り返す鳴き方。
朝がたの囀りも聞こえるようになったのですが
その鳥の声は、はっきりくっきり ぴーぃ。
なんという名前の鳥なんでしょう。

それにしても毎朝必ず5時。決まって5時。なぜか5時。
たまにはこの時間に起きてみ。という呼びかけでしょうか。

 

                                           山吹  
                                      風に煽られちゃって・・・

# by august22moon | 2007-04-12 18:25 | 季節 | Comments(0)